アナウンサーカレンダー2022 暦の恋人たち

GravureMagazine

独占一挙掲載!
テレビ&ラジオで活躍する女神が37名集う夢の祭典
キー局3社&ラジオ局2社が趣向を凝らして製作する”2022年カレンダー”から美麗ショットをまとめてご紹介。いつもの笑顔からここだけの表情まで。
働く女性の美しさが光ります。

【TBS】

サスティナブルに飾っていたい美麗ショットの数々
日比麻音子(ひびまおこ)(28)・左
田村真子(25)・右

田村真子 日比麻音子

夕方の報道番組『Nスタ』を担当する一方、『キングオブコント』や『オールスター感謝祭』といったバラエティの大型特番も担当するなど、マルチに活躍(日比)
3月にスタートした平日朝の帯番組『ラヴィット!』のMCに当時入社3年目ながら抜擢され話題に。麒麟・川島明とのコンビでいまや局の”朝の顔”(田村)

篠原梨菜(25)・左
山本里菜(27)・中
山形純菜(27)・右

篠原梨菜 山本里菜 山形純菜

東大法学部卒の才女でありミス東大グランプリ。10月スタートの朝の情報番組『THE TIME,』に月曜から金曜まで出演中(篠原)
入社1年目にして『サンデー・ジャポン』の7代目アシスタントに起用され、もうすぐ丸4年。ゴールデンでは『ジョブチューン』などの人気バラエティ番組を担当(山本)
学生時代にミス・インターナショナル日本代表に。『Nスタ』『ひるおび!』など情報・報道番組を中心に活躍中(山形)
2021-11-01-10-28-00

テーマは「自然(ナチュラル)」。
入社6年目までのアナウンサー男女総勢15人が登場している。
SDGsの活動にも繋げるべく取り入れた、環境に優しいサスティナブルファッションにも注目だ。
「ナチュラルで自然体の私達をぜひ見てほしいです」(山本アナ)

●『TBSアナウンサーズカレンダー2022』(全国の書店やTBSショッピング※特典あり などで発売中)より ©TBS

【テレビ東京】

自宅でもオフィスでもかわいい卓上タイプで登場
森 香澄(26)・左
冨田有紀(23)・右

P34-001

『THEカラオケ★バトル』などを担当。自身もカラオケ採点で97.4点を記録するほどの腕前で”テレ東の歌姫”の呼び声も高い(森)
今年テレ東に入社した唯一の新人女性アナ。出身の上智大では体育会ラグビー部のマネージャーで、採用試験では「ハカ」を披露したという逸話を持つ(冨田)

竹﨑由佳(28)・左
池谷実悠(25)・右

P34-002

『SPORTSウォッチャー』やサッカー専門番組の『FOOT×BRAIN』などに出演。スポーツに強く、東京五輪ではキャスターとして活躍した(竹﨑)
『よじごじDays』水曜、金曜の進行担当。野球好きが高じて、大学時代は東京ドームでビールの売り子のアルバイトをしていた(池谷)

狩野恵里(35)・左
片渕 茜(28)・右

P34-003

大江麻理子アナの後任として『モヤモヤさまぁ〜ず2』の2代目アシスタントになり注目を浴びた。現在は2児を育てるワーキングマザー(狩野)
『出没!アド街ック天国』4代目秘書や『開運!なんでも鑑定団』のアシスタントを担当。佐賀県出身で小中学生時代は地元のミュージカル劇団に所属(片渕)

角谷暁子(27)・左
田中 瞳(25)・右

P34-004

『WBS』でフィールドキャスターを担当。映画の若大将シリーズにハマり、加山雄三に憧れるというシブい一面も(角谷)
『モヤモヤさまぁ〜ず2』の4代目アシスタントとして活躍中。デジタルサイネージ広告『日経電車版』でもおなじみ(田中)

繁田(はんだ)美貴(37)・左
相内優香(35)・右

P34-005

平日昼の報道番組『昼サテ』に出演中。私立の超名門、桜蔭中・高出身の才媛。’19年からの産休・育休を経て今年、復帰した(繁田)
新人時代はバラエティ番組を中心に活躍したが、現在では報道番組がメインに。仕事の傍ら、早大大学院でMBA取得を目指して勉強に励む(相内)

2021-11-01-10-31-12

タテ型B6の小ぶりなサイズながら、週替わりで合計55ページにおよぶボリューム感が魅力。登場するアナウンサーは女性10名。経済番組を中心に活躍する彼女たちの、カジュアルなスタイルや柔らかな表情に注目だ

●『テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2022』(11月中旬発売予定)より ©テレビ東京

【フジテレビ】

ファッション誌『JJ』との初コラボが話題に!
海老原優香(27) 小澤陽子(30)・左
鈴木 唯(27)・中
竹俣 紅(べに)(23) 小山内鈴奈(れいな)(25) 小室瑛莉子(えりこ)(22)・右

P35-001

学習院大卒の海老原アナはヨガインストラクターの資格取得者という意外な一面を持つ。小澤アナは報道から『全力!脱力タイムズ』といったバラエティまで幅広いジャンルで実力を発揮。
鈴木アナは米・ワシントン大学への留学経験があり、TOEICのスコアは満点の990点。その英語力を生かし、通訳なしでハリウッドセレブや海外アスリートの取材を担当する
4月に入社したばかりの新人スリーショット。小山内アナは『めざましテレビ』の、竹俣アナと小室アナは『Live News イット!』のフィールドキャスターとして現場取材に励む

宮司愛海(まなみ)(30) 井上清華(せいか)(26)・左
永島優美(29) 藤本万梨乃(まりの)(25)・右

P35-002

宮司アナ、井上アナともに福岡県出身。宮司アナはスポーツニュース番組『S-PARK』のメインキャスターで、東京五輪でもメインキャスターを務めた。井上アナは3月末に永島アナの後任として『めざましテレビ』メインキャスターに入社3年目(当時)にして抜擢され話題に。永島アナは3月に結婚を発表。同じく3月の末からスタートした『めざまし8』のメインキャスターにも抜擢され、公私ともに新たなスタートを切った。藤本アナは東大医学部卒で、現在『めざましテレビ』の情報キャスターとして活躍

2021-11-01-10-33-28

小澤アナ&宮司アナの入社7年目同期コンビがプロデュース。生年月日がまったく同じという二人が掲げたカレンダーのテーマは”働く女性の格好良さ&凛とした美しさ”だ。ファッション誌『JJ』とのコラボで、入社9年目までの全19人の女性アナウンサーの美がより一層際立っている

●『フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2022 〜Unveiled〜』(発売中)より
撮影:佐々木大輔(SIGNO)©フジテレビ

【文化放送】

開局70周年イヤーを彩るフォトセッション
西川文野(あやの)(30)・左
石川真紀(47)・右

P36-001

水谷加奈(53)・左
坂口愛美(あみ)(32)・右

P36-002

松井佐祐里(さゆり)(29)・左
鈴木純子(51)・右

P36-003
2021-11-01-10-35-32
来年3月に開局70周年を迎える文化放送は、今回、3年ぶりのカレンダー発売となる。テーマは「音楽」。株式会社ヤマハミュージックジャパンの協力のもと、総勢15名のアナウンサーが楽器と触れ合う様子を写真に収めた意欲作だ。
11月3日に開催される、文化放送他が主催するイベント「浜祭」では、実際にカレンダーの楽器を持ったアナウンサー6名がバンド演奏を披露。
当日のライブの模様は浜祭特設サイト内から見ることができる

●『文化放送カレンダー2022』(浜祭公式オンラインショップにて予約受付中)より ©文化放送

【ニッポン放送】

大好評で完売続出 愛され続けて14年
増山さやか(55)・左
東島衣里(30)・右

P36-004

熊谷実帆(24)・左
箱崎みどり(34)・右

P36-005

前島花音(25)・左
新行市佳(しんぎょういちか)(28)・右

P36-006
2021-11-01-10-37-11

多くのリスナーからの熱い支持を受け、毎年完売店が続出。2022年版で、なんと14作目のリリースとなるアナウンサーカレンダーのパイオニアだ。
撮影地は本社のある有楽町や、丸の内、日比谷。”ホームタウン”から「長引くコロナ禍の中、2022年はもっと笑顔のあふれる年にしたい!」(出演者一同)というまっすぐな思いを発信している

●『ニッポン放送 アナウンサーカレンダー2022』(11月6日発売)より ©ニッポン放送

コメント

タイトルとURLをコピーしました